有栖川宮記念公園

公園/広場 カテゴリー 第 4 位 / 984 PV

閲覧数: 984  投稿日: 2011 11 28 日  更新日: 2016 8 24

有栖川宮記念公園 とは?

公式サイトのキャプチャ画像

所在地

南麻布5丁目7番29号

名前の由来は、明治29年、
有栖川宮威仁(ありすがわのみやたけひと)親王の栽仁(たねひと)王新邸造成の
御用地となったことによる。

故有栖川宮威仁親王の20年のご命日にあたる昭和9年1月15日に、
この地が東京市へ賜与され、
東京市は同年11月に記念公園として開園した。
その後、昭和50年に港区へと移管された。

東京都立中央図書館が園内にあることからも分かる通り、
かなり、大きな公園である。

中央に大きな池があるのが特徴で、
全体は、樹木で覆われている。

原っぱのような大きな空き地はないため、
野球とかサッカーとかをしている集団がいないこともあり、
いつ訪れてても、静かな雰囲気を感じ取ることができる憩いの場所となっている。

また、この辺りには、大使館等も多く、
建物もごちゃごちゃしていないため、
世間の喧騒を忘れることができる、
都内でも数少ないスポットのひとつである

地図

定点写真で振り返る。「有栖川宮記念公園」 の変遷

2011

2011年9月、「有栖川宮記念公園」を撮影
2011年9月2日13時25分。「有栖川宮記念公園」を撮影。写真では分かりづらいが、歴史ある公園らしく「園公念記宮川栖有」との案内が掲げられている
矢印キーで移動します

パティオ十番

Twitter検索結果。「有栖川宮記念公園」に関する最新ツイート

みずなす @nasugenhappy
小山龍介 @ryu2net
RAD🌖 SAKE&CURRY @radsake
小山龍介 @ryu2net
カンパニ @ddb_hgn