ミッレ・ノヴェチェント

イタリア料理店 カテゴリー 第 4 位 / 112 PV

白金5丁目 閉店/閉館
閲覧数: 112  投稿日: 2022 8 17 日  更新日: 2022 8 17

ミッレ・ノヴェチェント とは?

「恵比寿三丁目交差点」近くの「主要地方道 305 芝新宿王子線」沿いにあった、大正時代の美しい日本の建物の中で本場イタリアのピッツアを食べることができるお店

基本情報

説明文

「ミッレ・ノヴェチェント」は、「恵比寿三丁目交差点」近くの「主要地方道 305 芝新宿王子線」沿いにあった、大正時代の美しい日本の建物の中で本場イタリアのピッツアを食べることができるお店です。
2009 年頃、閉店しました。
「ミッレ・ノヴェチェント」があった場所は、現在は、空きテナントになっています。

所在地

港区白金5-14-8

電話番号

03-3447-4222

イタリア語表記

MILLENOVECENTO

紹介文

1900年代。(ミッレ・ノヴェチェント)これがこの店のテーマです。
1900年代に西洋人が初めて見て心奪われた美しい大正時代の日本。
僕はどうしても大正ロマンの建物を再現したかった。
大正時代の美しい日本の建物の中で、皆様に本場イタリアのピッツアを食べて頂く。
その面白い組み合わせの店を造りたい。それが僕の長い間あたためてきた夢でした。
遂に、ここ、僕の大好きな街、白金に大正七年築である長屋の古民家を見つけ、僕の夢を盛り込んで修復し、ピッツェリーアを完成する事が出来ました。
この店は家族、友達、仲間や、カップルの絆がより深まる場所になって欲しい。お客様に暖かい気持ちになって帰って頂きたい。常に優しい気持ちの店であり続けたい。
だから、ワイワイと和やかに笑いながら、たっぷりお腹一杯食べて盛り上がってください。
ミッレ・ノヴェチェントでは、気取らない雰囲気と手頃な価格で、ピッツアの他に、ワイン、サラダ、パスタ等用意してお待ちして居ります。
店内に僕が居たら、どうぞ気軽に声を掛けてください。

僕の夢の店です。この雰囲気を皆様もご一緒に楽しんで頂きたいのです。
どうぞ皆様も時間を掛けて夢の続きを作り上げて下さい。
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

閉店

「ミッレ・ノヴェチェント」は、2009 年頃、閉店しました。

「ミッレ・ノヴェチェント」があった場所は、現在どうなっているの?

「ミッレ・ノヴェチェント」があった場所は、現在は、空きテナントになっています。

関連情報

主要地方道 305 芝新宿王子線

「港区白金一丁目」を起点とし「豊島区西巣鴨三丁目」を終点とする道路

地図

定点写真で振り返る。「ミッレ・ノヴェチェント」 の変遷

2022

2022年5月、「主要地方道 305 芝新宿王子線」より、「ミッレ・ノヴェチェント」閉店後の様子を撮影しました
2022年5月2日13時34分。「主要地方道 305 芝新宿王子線」より、「ミッレ・ノヴェチェント」閉店後の様子を撮影しました。空きテナントになっている様子も写っています。
矢印キーで移動します

CONA 麻布十番店