ブランズ 麻布狸穴町

マンション/アパート カテゴリー 第 7 位 / 132 PV

麻布狸穴町
閲覧数: 132  投稿日: 2022 5 15 日  更新日: 2022 5 16

ブランズ 麻布狸穴町 とは?

「ロシア連邦大使館」西隣にある、10 階建て 総戸数 140 戸のマンション

基本情報

説明文

「ブランズ 麻布狸穴町」は、「ロシア連邦大使館」西隣にある、10 階建て 総戸数 140 戸のマンションです。

所在地

港区麻布狸穴町44-1

紹介文

ブランズの到達点を描くフラッグシップマンション
昭和36年、革新的なマンションとして誕生した「麻布東急アパートメント」の跡地を継承する、ブランズシリーズのフラッグシップマンション。麻布狸穴町全体の5分の1を占める4,600㎡超もの敷地に、次なる半世紀に受け継がれてゆく、「長期優良住宅」に認定された全140邸をお届けします。※40EA typeを除く

階数

地上 10 階
※建築基準法上 地上 8 階 地下 2 階建

総戸数

140 戸(うち分譲住戸 90 戸、地権者等関係者住戸 50 戸)

面積

敷地面積

4,673.23 ㎡(実測面積)

延床面積

18,171.70 ㎡

専有面積

40.13 ㎡ ~ 137.93 ㎡

間 取 り

1 LDK ~ 4 LDK

売主

東急不動産株式会社

施工会社

清水建設株式会社

管理会社

株式会社東急コミュニティー

販売会社

東急リバブル株式会社

スケジュール

着工年月

2012 年 3 月 28 日

販売開始年月

2013 年 2 月上旬

竣工年月

2013 年 10 月下旬

引渡年月

2013 年 12 月下旬

「ブランズ 麻布狸穴町」に関するニュースリリース配信履歴

配信年月日 ニュースリリースタイトル 配信者名
2012 年 11 月 15 日 「麻布東急アパートメント」の跡地に、防災・環境に配慮した長期優良住宅が誕生! 「ブランズ麻布狸穴町(総戸数 140 戸)」12 月上旬モデルルームオープン 東急不動産株式会社

年表

2012 年 11 月 15 日

「東急不動産株式会社」は、1961 年に日本の高級賃貸アパートメントの先駆けとして手がけた「麻布東急アパートメント」の跡地を一部利用して建築している「ブランズ麻布狸穴町」のモデルルームを、2012 年 12 月上旬にオープンすることを発表しました。

2012年11月15日

東急不動産株式会社

「麻布東急アパートメント」の跡地に、防災・環境に配慮した長期優良住宅が誕生!
「ブランズ麻布狸穴町(総戸数140戸)」12月上旬モデルルームオープン
東急不動産の住まい「BRANZ(ブランズ)」

東急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:金指 潔)が、港区麻布狸穴町に建設中の「ブランズ麻布狸穴町(総戸数140戸)」のモデルルームを、2012年12月上旬にオープンすることになりましたのでお知らせいたします。
本物件は、当社が1961年に日本の高級賃貸アパートメントの先駆けとして手がけた「麻布東急アパートメント」の跡地を一部利用し建築しております。江戸時代から続く伝統ある地名である“麻布狸穴町”は、外務省飯倉公館、ロシア大使館、アメリカンクラブなど国際的な施設に囲まれた古くから国際色豊かな町であり、同アパートメントは当時、モダンな外観デザインと新しい時代のライフスタイルを提示した先進の住まいとして注目を集めておりました。

【「ブランズ麻布狸穴町」 物件概要】
所 在 地 東京都港区麻布狸穴町44番1他(地番)
交 通 東京メトロ南北線・都営地下鉄大江戸線「麻布十番駅」 徒歩6分
東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」 徒歩9分
東京メトロ日比谷線「神谷町駅」 徒歩9分
敷地面積 4,673.23㎡(実測面積)
延床面積 18,171.70㎡
構造規模 鉄筋コンクリート造 地上10階(建築基準法上 地上8階地下2階建)
総 戸 数 140戸(うち分譲住戸90戸、地権者等関係者住戸50戸)
間 取 り 1LDK~4LDK
専有面積 40.13㎡~137.93㎡
売 主 東急不動産株式会社
施 工 清水建設株式会社
管理会社 株式会社東急コミュニティー
販売会社 東急リバブル株式会社
スケジュール 販売開始 2013年2月上旬(予定)
着 工 2012年3月28日
竣 工 2013年10月下旬(予定)
引 渡 2013年12月下旬(予定)
物件HP http://sumai.tokyu-land.co.jp/branz/azabu-mamianacho/

ブランズとは?

「ブランズ」は、「東急不動産」が手掛ける「環境先進マンション」です。

東急不動産のマンション BRANZ(ブランズ)
BRANZは、持続可能な心地よい暮らしと環境貢献実現のために新たな発想や仕組みを取り入れた環境先進マンションを提供していきます。一番長く使う住宅こそ、一番地球にやさしいものにしたい、という想いのもと環境にも人にも優しいウェルビーイングな日々を未来へつなぐ"GREEN LIFE STYLE"をBRANZは実現します。

地図

定点写真で振り返る。「ブランズ 麻布狸穴町」 の変遷

2012

2012年6月、「ロシア連邦大使館」を背にして、新築工事着工 3 か月後の「ブランズ 麻布狸穴町」を撮影しました
2012年6月10日12時50分。「ロシア連邦大使館」を背にして、新築工事着工 3 か月後の「ブランズ 麻布狸穴町」を撮影しました。左下には「ロシア連邦大使館」を警備している方が写っています。また中央奥には「元麻布ヒルズ フォレストタワー」も写っています。
矢印キーで移動します

グランドメゾン白金の杜 ザ・タワー

元麻布テラスアパートメント



「ブランズ 麻布狸穴町」に関する特選ツイート

2018 年

2019 年

株式会社 VECS @VecsInc

ブランズ麻布狸穴町
4,600㎡を超える敷地と都心の利便性を享受するレジデンス、ホテルライクな車寄せ・内廊下設計、長期優良住宅・耐震等級2、ペット飼育可、24時間有人管理、ダブルオートロック、コンシェルジュサービス、マスターラウンジなど充実な設備・仕様が魅力
詳細はurx2.nu/hOVu pic.twitter.com/xpFe5Nk3sB 2019-06-15 19:16:00

2021 年

2022 年

スカイ山田@マンクラの端くれ @monchi06241

虎麻ヒルズ目の前の、ブランズ麻布狸穴町。

理想の低層という佇まい。警察官立ってたけど、要人住んでるのかな。

アーキサイトメビウス。狸穴町の1/5をこのマンションが占めるらしい。

ここの竣工、わいの初マンション購入と同時期。坪単価もそんな変わらず。こっち買ってた世界線もあったのかな。 pic.twitter.com/xjyQRknJwc 2022-03-20 21:45:00